※現金化利用者が危ない?!※商品買い取り偽装は危険な現金化方法?

MENU

商品買い取り偽装は商品を郵送しない?

危険を帯びた現金化

 

現金化の方法には、商品買い取り方式とキャッシュバック方式の2つが存在しますが、この他に「商品買い取り偽装」という現金化が存在します。

 

この現金化方法は違法である可能性が高い現金化方法ということをご存知でしょうか?

 

では、商品買い取り偽装についてご説明させていただきます。

 

商品買い取り偽装の仕組み

商品買い取り偽装の仕組み

 

商品買取偽装は書いて字のごとく、商品買取方式を装った現金化方法です。
つまり商品買取方式ではないという事ですね。

 

方法はどちらかと言うとキャッシュバック方式に似ているような現金化方法となっています。

 

手順は以下の通りになります。

 

  1. 業者に申し込みをする。
  2. 業者が利用者のカードで商品を購入する。
  3. 購入した商品の郵送先を現金化業者の住所に指定する。
  4. 現金化業者から現金が振込まれる。

 

手順は以上の通りになりますが「どこが問題なの?」と疑問に思いますよね?

 

一見問題のなさそうな現金化方法ですが、購入した商品に問題があるんです。

存在するのかわからない商品

商品の存在が確認できない

 

この現金化方法には形では商品のやり取りをしていますが、商品の現物を利用者がしっかりと確認してません。

 

商品買取方式は利用者自らが商品を購入してその商品を業者に送っています。
キャッシュバック方式は業者から商品が送られてきますので、利用者は商品の詳細をその目で確認することが出来ます。

 

しかし、この商品買い取り偽装はどうでしょうか?

 

一度でも、現金化利用者が現金化する商品を確認できているか?と聞かれればその答えはNOです!

 

現金化は商品があって初めて成り立つサービスですが、この商品が存在しなければただの金貸しと同じ行動になってしまいますよね?
そして、現金はクレジットカード会社のお金を使ってやりとりをしている。

 

ここが問題です。

 

カード会社からお金を借りて、「商品を購入した事にして利用したショッピング枠を、俺(現金化業者)とお前(利用者)で山分けしようぜ!」ということなんです。
人のお金を盗んでることと代わりがありませんよね?

 

最悪の場合現金化業者だけでなく、利用者までが捕まってしまう可能性もあるかもしれません。
利用者は現金化業者に利用されているだけなので本来ならば何も悪くはないはずです。

 

しかし、そのような危険が伴う現金化方法だということをわすれないでください。

利用するならしっかりした現金化業者

しっかりした現金化業者を利用しよう

 

このように「知らない」だけではすまず痛い目を見てしまう現金化サービス。
理由するならそのようなトラブルがなく、しっかりした現金化業者の方がいですよね?

 

しかし、優良業者はそう簡単に見つからないもの・・・と思っていませんか?

 

そんなことはありません!

 

狭い業界だからこそしっかり調べれば情報が入手しやすいものなんです。
見つからないのは「どの様に探せばいいのか」がまだわからないからなんです。

 

しかし、それは仕方のないこと。
現金化業界は初めての方ではわからない事だらけ、すぐに現金化を理解しろというのは急に最新型のパソコンを『使いこなして』と言われているようなもの。

 

長く使って色々理解して調べてやっと利用の仕方や、したらダメなことが分かるのは当たり前です。
わからない時はわかっている人に聞くのが1番の方法。

 

そこで、優良現金化業者をランキング付けしている業者サイトをご紹介いたします。
ここのサイトで押されている業者は全て優良業者。

 

自分にあった現金化業者を見つけて良質な現金化を行ってください!

 

関連ページ

現金化の方法
現金化には大きく分けて2種類の現金化方法が存在します。キャッシュバック方式と商品買取方式です。この2つの現金化方法で現金化をするのが一般的で、ネット上ではチェリークレジットの現金化方法は商品買取方式といわれていますが、本当かどうか調査をしてみました。